本文へスキップ

野球を愛するジュニアからシニアまで全世代の環境作り
全日本軟式野球連盟 高知県支部





高知県軟式野球連盟の歴史・歩み

(創立)高知県野球協会1948年(昭和23年)2月9日設立

    高知県軟式野球連盟 1970年(昭和4523日発足

発足の経緯と役員等の変遷

1948年(昭和23)2月9日に高知県野球協会が設立。初代会長入交太兵衛が就任し、副会長長畠中源太郎、理事長広松万亀男、島崎事務局長が中心となって運営に当たった。当時は軟式野球、中等野球が中心となる。

高知県野球協会の軟式部だったが1970年(昭和4523日に高知県軟式野球連盟として発足。初代会長に広松万亀男、理事長に岸田裕康でスタートした。当時広松は「発足は県野球界発展へ大きな足ががりが出来たものと信じている。時間もかかるだろうし、曲折もあるだろうが一日も早く理想の姿を」と語った。1973年(昭和487月 死去した会長広松万亀男の後任に宮崎二郎が就任。1974年(昭和4912月には浜田治水副会長が理事長を兼任。

1983年(昭和582月鈴木康夫が会長に就任し現在に至る。理事長は多賀清が当たるが平成元年同氏死去のより平成2年より安岡豊実が理事長に就任。現在に至る。2015年(平成27年)現在会長、副会長3名理事長、副理事長3名、常任理事14名、理事23名。

天皇杯、国体など大きな大会を開催。市民参加人数最多スポーツに発展

1969年(昭和44)8月1日から高知県では初めての全国大会「天皇賜杯24回全日本軟式野球大会」を開催。高松宮同妃殿下をお迎えして全国51チームの参加により行なわれた。本県からは土佐電鉄労組、四国銀行、高知市役所、東洋電化の4チームが出場した。

1973年(昭和48)6月2日から「常陸宮賜杯第9回全日本準硬式野球大会」を開催。常陸宮殿下、同妃殿下をお迎えして、全国52チームが参加して行なわれた。本県からは旭食品酔鯨クラブ、四国銀行、高知県醤油、安芸共陽クラブの4チームがの4チームが出場した。1986年(昭和61)8月22日から「高松宮賜杯第30回全日本軟式野球大会」を開催。全国より1部16チーム、2部16チームが参加。本県より1部、安田体育会、2部、吉良川良陽クラブが出場。



1987年(昭和62)5月27日から「第9回西日本軟式野球大会(1部)」を開催。西日本各地より25チームの参加により行なわれた。本県からタニオカクラブ、福寿会館、オール佐川の3チームが出場した。

1994年(平成6年)5月13日から「第16回西日本軟式野球大会(2部)」を開催。西日本各地より25チームの参加により行なわれた。本県からは高知パーフェクト、大阪セメント、JA高知共済連の3チーム出場。成績は高知パーフェクトが優勝しJA高知共済連が第3位快挙を成し遂げた。

1998年(平成10)「天皇賜杯53回全日本軟式野球大会」を開催。本県では29年ぶりの開催となった。全国56チームが参加し行なわれた。本県から出場の旭食品、サッポロ一番館、泉井鐵工所、窪川コンドルズは初戦敗退、植野陶器店、カーパルコ長崎屋は3回戦で敗退した。同年には第16回西日本軟式野球大会(1部)で植野陶器店が優勝の快挙を成し遂げた。

2001年(平成13)「第23回西日本軟式野球大会(1部)」を開催。西日本各地より27チームの参加。この大会は翌年に行なわれる高知国体リハーサル大会として四万十市を中心に行なわれた。本県からは予選を勝ち抜いた高知信用金庫、高知国体一般B代表ミタニ建工、同壮年部はらパーフェクト、開催地枠で窪川コンドルズ、スクスイトランスポートの5チームが出場。ミタニ建工は準決勝で惜しくも敗退した。

2002年(平成14)10月27日から「第57回国民体育大会」を開催。一般Aは高知市・いの町、一般Bは四万十市・宿毛市、成年は四万十町・西土佐村で開催。本県からは一般Aに旭食品クラブが出場し4位の好成績を収めた。一般Bのミタニ建工と成年のはらパーフェクトは1回戦で敗退した。

2008年(平成20)10月17日から「第12回西日本軟式野球選手権大会」を開催。西日本各地より27チームの参加。本県から出場の旭食品はベスト8、ハカタ貨物、土佐清水病院、土佐山田1’sは共に初戦敗退した。同年9月19日からは「日本スポーツマスターズ2008高知大会」を開催。各ブロック大会の代表32チームが参加。本県から出場の高知よさこいクラブ、高知市役所OB、旭食品壮年は2回戦で敗退。植野陶器店は初戦敗退した。

2012年(平成24)6月29日から「第34回西日本軟式野球大会(2部)」を18年ぶりに開催。西日本各地より26チームの参加。本県から出場のYANKEES、十和シールは共にベスト8、西川呉服店、高知県庁は初戦敗退した。同年10月19日から日本スポーツマスターズ2012高知大会」を開催。各ブロック大会の代表32チームが参加。本県から出場の地鶏庵、JIGORO倶楽部は初戦敗退、安田バッカスは2回戦で敗退した。この年高知県初のナイター設備が完成し日没の心配なく運営出来た記念すべき年でもあった。


本県で全国、西日本大会を制覇したのは1984年(昭和59)第6回西日本大会(1部)で旭食品、1985年(昭和60)高松宮賜杯第29回大会(1部)で高知県醤油、1994年(平成6)第16回西日本大会(2部)で高知パーフェクト、1998年(平成10)第20回西日本大会(1部)で植野陶器店、2003年(平成15)第25回西日本大会(2部)で七宝野球、2004年(平成16)第26回西日本大会(2部)高知市消防局、2014年(平成26)第36回西日本大会(1部)でハタカ貨物。40才以上の大会では2006年(平成18)日本スポーツマスターズ2006でよさこいクラブが優勝。全日本少年大会では1999年(平成10)第15回片島中クラブ、2008年(平成20)201年(平成23)に高知中クラブが優勝。高知中クラブは全日本春季大会でも2013年(平成25)4回大会で優勝している。




協賛・関係企業及び団体news









高知県軟式野球連盟

(連盟事務局)
〒780-8011
高知県高知市梅ノ辻16−24ホームベースモダン3F
(朝倉オフィス)
〒780-8066
高知県高知市朝倉己898

TEL 088-879-6742
FAX 088-844-3869
mail:info@kochi-jsbb.com